ソフトバンクエアー基礎知識

ソフトバンクエアーのau版!auスマートポートとは?【端末比較】

ソフトバンクエアーのau版!auスマートポートとは?【端末比較】

ソフトバンクだけでなく、auでも据え置き型のホームルーターを発売しているのをご存知でしょうか?

その名を「auスマートポート」といいます。

ソフトバンクエアーのau版といったかんじの商品ですね。

ただし、ソフトバンクエアーとは違う点もありますので、注意が必要です。

このあたりも踏まえて、auスマートポートの特徴をしっかりと解説していきますね!

※auスマートポートはWiMAXとなにが違うんだと疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、同じです。WiMAXのなかの据え置き型ホームルーターのことを特に「auスマートポート」と呼んでいるだけですので。
WiMAXという名前は、ポケットWi-Fiとauスマートポートを含んだ総称です。ややこしいですよね(笑)

この記事を書いている人

・元SEでソフトバンクエアー利用経験あり
・ソフトバンク店員の知人がいる

ソフトバンクエアーのau版!auスマートポートとは【端末比較】

ソフトバンクエアーのau版!auスマートポートとは【端末比較】

ソフトバンクエアーもauスマートポートも、自宅で使う据え置き型のホームルーターですので、工事不要でコンセントに挿すだけでかんたんに使えるのが良いところです。

ソフトバンクエアーとauスマートポートの比較はあとでするとして、まずはauスマートポートの端末についてお話していきますね。

auスマートポートは、じつは端末が1種類だけではないんです。

現在は3種類の機種がでているので、まずはどれを選んだらいいのかをお教えしますね。

auスマートポートの端末比較

auスマートポートは、現在3種類の端末ラインナップがあります。

  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • Speed Wi-Fi HOME L01s
  • WiMAX HOME 01

結論から言うと、「Speed Wi-Fi HOME L02」を選んでください。

なぜなら、1番最新の機種で、他の機種の2倍近くの速度がでるからです。

…といっても根拠にとぼしいと思いますので、具体的に1つずつ性能などを確認していきましょう。

ぜひ比較しながら見てみてくださいね。

 

Speed Wi-Fi HOME L02

auスマートポート「Speed Wi-Fi HOME L02」

まずは、1番おすすめの「Speed Wi-Fi HOME L02」のご紹介からします。

メリットとデメリットは以下のとおりです。

  • 2019年1月に発売された最新機種
  • 光回線に匹敵する通信速度
    (最大通信速度1Gbps)
  • 最大40台接続可能
  • 見た目のコンパクトさ・軽さは2番手

1番の魅力はなんといっても、据え置き型のホームルーターのなかで最速の通信速度を誇るところです。

コンセントに挿すだけで使えるタイプのホームルーターのなかでは、これだけ速度が出て優秀な機種は今のところでていないので、性能だけでいえばNo.1の機種ですね。

ソフトバンクエアーでも最大通信速度は481Mbps(一部エリアは962Mbps)なので、約2倍の通信速度をだせるというのは驚異的な性能です。

強いてデメリットをあげるとするならば、auスマートポートのなかで1番小さい端末ではないということですかね。

といってもサイズはほとんど変わらないので、デメリットはないと思って大丈夫です。

 

Speed Wi-Fi HOME L01s

auスマートポート「Speed Wi-Fi HOME L01s」

次に、2018年1月19日に発売した「Speed Wi-Fi HOME L01s」をご紹介します。

メリットとデメリットは以下のとおりです。

  • 最大接続台数が1番多い(最大42台)
  • 速度が遅い(最大440Mbps)
  • 速度を速くする機能が何もない

「Speed Wi-Fi HOME L01s」のメリットは、最大接続台数の多さです。

最大接続台数が最大42台で他の機種より多いのですが、ご自宅だったら1~6台くらいしか繋がないと思いますので、大きなメリットはないというかんじですね。

3機種のなかで1番速度が遅いという致命的なデメリットがあるので、この機種を選ぶことはよっぽどのことがない限りないでしょう。

まあ、3機種のなかで1番古いモデルなのでしかたないですね。

 

WiMAX HOME 01

auスマートポート「WiMAX HOME 01」

最後に、2018年12月7日に発売した「WiMAX HOME 01」をご紹介します。

メリットとデメリットは以下のとおりです。

  • auスマートポートのなかで1番コンパクトで軽い
  • 通信速度を速くする機能がついている
  • 速度が遅い(最大440Mbps)
  • 最大接続台数が22台

「WiMAX HOME 01」の1番のメリットは、コンパクトさです。

他の機種の重さが436gや450gであるのに対して、「WiMAX HOME 01」は338gと、めちゃくちゃ軽いです。

「WiMAXハイパワー」や「ビームフォーミング」という機能のおかげで通信速度が「Speed Wi-Fi HOME L01s」よりは速いのですが、最大通信速度がそもそもそこまで高くないので、最新機種の「Speed Wi-Fi HOME L02」と比較すると遅いというかんじですね。

最大接続台数も3機種のなかで1番少ないです。

コンパクトといっても、たいした差ではないので、この機種も選ぶメリットはそんなにないでしょう。

 

ソフトバンクエアーとauスマートポート比較

ここまでのお話で、「Speed Wi-Fi HOME L02」が1番良い機種だということがわかりました。

では、ソフトバンクエアーとはどのような点に違いがあるのでしょうか?

具体的にみていきましょう。

ソフトバンクエアーSpeed Wi-Fi HOME L02
最大通信速度481Mbps
※一部エリア962Mbps
1Gbps
速度制限なし3日で10GB
最大接続台数64台40台
横幅x奥行きx高さ103x103x225mm93×93×178mm
重さ635g 436g
料金の安さソフトバンク、Y!mobileユーザー◎au、UQmobileユーザー◎

上記を見て頂ければわかるように、速度制限以外の項目では、「Speed Wi-Fi HOME L02」のほうが全部勝っています

auスマートポートを使う場合は、3日で10GB使うと翌日の夜の時間帯の速度が遅くなりますので、そこだけ注意が必要です。

3日で10GBがどれくらいかというと、動画視聴やオンラインゲームなど、パケットを多く消費するようなことを毎日数時間行うなら到達するというイメージですね。

毎日1、2時間程度であれば問題ないですが、4時間など長時間やる方はソフトバンクエアーや、ソフトバンク光などの光回線にしておいたほうがいいでしょう。

 

また、どちらが料金的にお得かというと、お持ちの携帯電話・タブレットのキャリアによって変わります。

ソフトバンクやY!mobileの携帯・タブレットをお持ちの方は「ソフトバンクエアー」、auやUQmobileの携帯・タブレットをお持ちの方は「auスマートポート」のほうが料金がお得です。

料金の比較について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

まとめ

まとめ:ソフトバンクエアーのau版!auスマートポートとは【端末比較】

この記事のまとめです。

要点まとめ
  • auスマートポートはauのホームルーター
  • 機種は「Speed Wi-Fi HOME L02」がベスト
  • 速度制限以外の性能面はソフトバンクエアーよりauスマートポートのほうが良い
  • 料金のお得度は、携帯電話・タブレットのキャリアによって変わる

>>ソフトバンクエアーお申し込みサイト

>>auスマートポートお申し込みサイト

今ならキャッシュバックキャンペーン中で大変お得ですので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

WEB申込ができるので、お申し込みもサクッと終わります。

今日申し込んでおけば明日申し込むより早くインターネットを使い始められますので、ぜひ今日のうちに申し込んでしまいましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

auユーザーの方は、必要であれば以下の記事も読んでみてください。

おすすめ申し込み窓口
【エヌズカンパニー】代理店18社の中で近年最もソフトバンクから表彰を受けている最優秀代理店。実績・評判・キャッシュバック内容どれも申し分ない、ソフトバンク店員も一推しの代理店!