ソフトバンクエアーがあればパソコンは使えるの?他にもなにか必要?

ソフトバンクエアーがあればパソコンは使えるの?他にもなにか必要?
浅野 幸也
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • ソフトバンクエアーを契約すればパソコンでネットを使えるの?
  • 他にもなにか必要なものはある?
  • そもそもパソコンでどれくらいの作業ができるのかな?

ネットにくわしくないと不安になりますし、かといって初歩的なことなので人には聞きづらいですよね。

結論、ソフトバンクエアーがあればパソコンは使えますので安心してください。実際に私もソフトバンクエアーでパソコンを使っていました。

デスクトップパソコンだけでなく、もちろんノートパソコンやゲーミングパソコンなども使用可能です。

この記事のポイントを先にお伝えしますと、以下のとおりです。

この記事のポイント
  • ソフトバンクエアーを契約すればパソコンは使える
  • 他に必要なものはない
  • ソフトバンクエアーは一般的なパソコン作業なら困ることはない性能

「パソコンを買ったばかりではじめに何からやったらいいのかわからない!」という人もいると思いますので、パソコンを買ったらはじめにやるべきことも含めてご説明していきますね♪

あわせて読みたい
ソフトバンクエアーとは?【基礎知識を総まとめ】
ソフトバンクエアーとは?【基礎知識を総まとめ】

ソフトバンクエアーがあればパソコンは使える!

ソフトバンクエアーがあればパソコンは使えるの?

冒頭でもお伝えしたとおり、ソフトバンクエアーさえあればパソコンは使えます

他に契約すべきものや、必須で買うべきものはありません。

ソフトバンクエアーとパソコンさえあれば、ネットに接続することができます。

>>ソフトバンクエアーお申し込み
※期間限定で35,000円がもらえるキャンペーン中です。

あわせて読みたい
【保存版】ソフトバンクエアーお申し込み完全ガイド
【保存版】ソフトバンクエアーお申し込み完全ガイド

「ソフトバンクエアーは家族が契約しているんだけど、契約していない自分も使っていいのかな?」と不安になる方もいると思いますが、契約していない人でも使って大丈夫ですよ♪

LANケーブルは付属品でついている

なかにはパソコンを無線(Wi-Fi)ではなくて、LANケーブルを使って有線接続したい方もいらっしゃると思います。(LANケーブルを使ったほうが速度が速くなるので)

LANケーブルを使いたい方は、ソフトバンクエアーの本体が入っていた箱にLANケーブル1本が付属品としてついているので、こちらを使いましょう。

ソフトバンクエアーに同梱されているLANケーブル
ソフトバンクエアー付属のLANケーブル

ちなみに、付属のLANケーブルの規格はカテゴリ5e(CAT.5e)です。

速度にこだわりたい方は、ビデオ通話をするなら「カテゴリ6A」、オンラインゲームをするなら「カテゴリ7」のLANケーブルを購入するのがおすすめですが、一般的な作業をする分にはカテゴリ5eでも問題ありません。

2台以上パソコンを使う場合はLANケーブルを買い足そう

「2台以上パソコンを使うからLANケーブルが足りない」という方は、LANケーブルを買いましょう。

先ほどご紹介したLANケーブルを購入しておけば問題ありません。

ソフトバンクエアーはどんなパソコンでも対応してる?

ソフトバンクエアーはどんなパソコンでも対応してる?

ソフトバンクエアーはどんなパソコンでも対応しているのでしょうか?

結論からいうと、どんなパソコンでも大丈夫です。

よっぽど昔の古いパソコンだとWi-Fiに対応していない可能性もありますが、ほとんどのパソコンは対応していますので使えない可能性はかなり低いです。

ソフトバンクエアーでパソコンはどんな作業まで可能?

ソフトバンクエアーでパソコンはどんな作業まで可能?

ソフトバンクエアーのネット回線は光回線ほどは強くありませんが、スマホやモバイルルーターよりは強い回線です。

そのため、ソフトバンクエアーのネット回線ならパソコンの一般的な作業は可能です。

ごく一般的な作業をするぶんには問題がないことは、ソフトバンク公式からもお墨付きがでてきます。

  • メール・LINE
  • WEB会議
  • ショッピング
  • ネット記事の検索・閲覧
  • アプリダウンロード
  • SNS閲覧
  • 動画視聴
  • オンラインゲーム
  • YouTubeなどへの動画アップロード

ソフトバンクエアーはアップロード速度が光回線ほど速くないため、オンラインゲームや動画アップロードのような作業は苦手です。

5Gの電波が入るエリアならできる可能性もありますが、5Gのエリア外ならできないと思っておいたほうがよいでしょう。

>>5G対応エリアか確認する

ソフトバンクエアーを契約してパソコンでまずやるべきことは?

ソフトバンクエアーを契約してパソコンでまずやることは?

ソフトバンクエアーを契約してからの流れがわからない方も多いと思います。

ソフトバンクエアーとパソコンを用意したら、まずは何からやるべきなのか、順番にみていきましょう!

①パソコンを買ったばかりなら初期設定をしよう

まず、新しいパソコンを買ったばかりでしたら、パソコンの初期設定が必要です。

最近のパソコンは起動したらだいたい案内がでてきますので、その案内どおりに設定をすればOKです。(わからなければ説明書を読みましょう)

設定する内容としては、たとえば言語を日本語にしたり、パソコンのユーザーネーム(名前)を決めたりするかんじです。

そんなに時間はかかりませんし感覚でいけちゃうので、パパッと終わらせちゃいましょう!

②パソコンにウイルス対策ソフトを入れる(任意)

ウイルス対策ソフトを入れておかないと、あなたのパソコンがウイルスに感染して個人情報が流出してしまう危険性があります。

ただ、昔はもともとパソコンに搭載されているセキュリティソフトの性能が低かったので有料のウイルス対策ソフトを購入してインストールするのが鉄板だったのですが、最近は性能が上がってきたため導入は必須ではなくなりました。

私も昔は購入していましたが、今は「購入しない派」です。私用のパソコンには数年前からウイルス対策ソフトをいれていませんが、特に問題が起こったことはありません。

ただ、有料ウイルス対策ソフトの必要性は人によって意見が違いますので、自分が必要だと思うなら購入しましょう。

もしウイルス対策ソフトを購入するなら、日本だと「ウイルスバスター」が1番人気なので、こだわりがなければウイルスバスターを入れておけばいいでしょう。

>>ウイルスバスターを購入する
※3年間有効なので、3年たったら更新すればOKです。

ウイルスバスターを1個買えば3台までインストール可能なので、他のパソコンや、スマホ・タブレットにもウイルスバスターを入れることができます。

ちなみに私はスマホに入れたことがありますが必要性は感じませんでした。スマホやタブレットにもセキュリティ機能は備わっていますので入れなくてもいいと思います。

③ソフトバンクエアーのネット回線にパソコンを接続する

そしていよいよ、ソフトバンクエアーのネット回線にパソコンを繋げます。

接続方法は無線(Wi-Fi)と有線(LANケーブルで接続)の2つのやり方があるのですが、以下の記事でくわしく解説していますので、わからない方は参考にしてください。

あわせて読みたい
ソフトバンクエアーの接続方法をわかりやすく解説!
ソフトバンクエアーの接続方法をわかりやすく解説!

パソコンの場合、速度が速くなるのでLANケーブルで有線接続するほうがおすすめです。

④無料メールアドレスを取得しよう(任意)

パソコンでメールを使いたいなら、無料でメールアドレスをつくりましょう!

無料のメールアドレスはGmailまたはYahoo!メールがおすすめです。

GmailでもYahoo!メールでもそんなに違いはありませんが、迷ったらGmailがおすすめです。私は両方使っていますが、Gmailのほうが使いやすくて気に入っています。

もしスマホやタブレットのほうで作成済みのものがあれば、パソコンからはログインするだけで同じように使えますよ。

ドコモ、ソフトバンク、au、楽天などのキャリアメールはパソコンでは使用できませんのでご注意ください。

まとめ:ソフトバンクエアーとパソコンさえあればネット接続できる!

まとめ:ソフトバンクエアーとパソコンさえあればネット接続できる!

この記事のまとめです。

まとめ

  • ソフトバンクエアーとパソコンがあればネットに繋げる
  • どんなパソコンでもOK!
  • ソフトバンクエアーとパソコンを用意したら下記をやろう。・パソコンの初期設定・パソコンにウイルス対策ソフトを入れる(任意)・ネット回線にパソコンを繋ぐ・必要ならメールアドレスをつくる

ソフトバンクエアーは以下のサイトから所要2分で申し込みできますので、パパっと申し込んでしまいましょう。

>>ソフトバンクエアーお申し込み
※期間限定で35,000円がもらえるキャンペーン中です。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

運営者
浅野 幸也
浅野 幸也
ネット回線オタク
元通信業界出身のネット回線オタクです。このサイトでは「実際にソフトバンクエアーを使ってわかった知識や体験談」を、初心者の方でもわかるように噛み砕いて解説しています。友人にソフトバンク店員がいるので情報の正確さには自信があります。
記事URLをコピーしました